Pocket

トイレのつまりが起こる前には前兆があった可能性が高く、つまりのサインを見落としてしまうと何らかのきっかけでつまりが発生してしまいます。前兆とは、トイレの水を流した時にゴボゴボと異音がする、あるいは水位がいつもと違って高い、または低い、水の流れが悪い等です。これらは排水管の中がつまり始めているサインですので、小さなことでもトイレを使用して「いつもと違う」と感じたら、つまりの前兆を疑いましょう。

トイレつまりはまずラバーカップ(ゴム製の半球状に棒がついているもの、通称スッポン)を使用してつまりを吸い出します。トイレットペーパーや排泄物のつまりの場合、これで簡単につまりが解消されるケースが多いようです。他にも、バケツでお水を高い位置から便器に流し込む、重曹を入れたお湯(熱湯ではない)を便器にしばらく溜めておいて、つまりを少しずつ溶かしていくという方法もあります。

それでも解消されない場合は、やはりトイレトラブルのプロである業者に依頼することで簡単に解決できることがありますので相談されると良いでしょう。費用を安く抑えたいという気持ちは分かりますが、素人が分からないままいろいろ触ることで、悪化してしまうこともあります。最終的には、業者に頼むことも賢明な手段です。