Pocket

トイレのつまりの原因について、一気にトイレットペーパー等を大量に流した場合や本来流してはいけないものを流してしまった場合以外にも、節水をしすぎることで水量が不足して流れないというケースもあります。トイレタンクにペットボトル等を入れ、水の量を節約するということが流行った時期がありましたが、極端な節水をしてしまうと、水の流れが弱くなり、流しきれなくなって排水管の中で留まり、つまりの原因になってしまいます。節水できてもトイレがつまっては元も子もありませんので、今一度タンク内の水量を確認するようにしましょう。

その他の原因として、築年数の古い建物のトイレの場合は、経年劣化によるつまりが考えられます。長い時間をかけて徐々に汚れ等がこびりつき、排水管内の通り道が少しずつ狭くなることで、何らかのきっかけでつまりが発生してしまいます。頑固な汚れのこびりつきは簡単には取れませんので、専門業者に依頼する必要が出てくる可能性が高くなってしまいます。この場合は、事前に防ぐことは難しいケースですので、何か違和感を感じた時点で業者に相談するか、日頃の高圧洗浄等のメンテナンスが必要となりますので、古いトイレを使用している場合は要注意です。