つまりの前兆に注意

トイレのつまりが起こる前には前兆があった可能性が高く、つまりのサインを見落としてしまうと何らかのきっかけでつまりが発生してしまいます。前兆とは、トイレの水を流した時にゴボゴボと異音がする、あるいは水位がいつもと違って高い、または低い、水の流れが悪い等です。これらは排水管の中がつまり始めているサインですので、小さなことでもトイレを使用して「いつもと違う」と感じたら、つまりの前兆を疑いましょう。

トイレつまりはまずラバーカップ(ゴム製の半球状に棒がついているもの、通称スッポン)を使用してつまりを吸い出します。トイレットペーパーや排泄物のつまりの場合、これで簡単につまりが解消されるケースが多いようです。他にも、バケツでお水を高い位置から便器に流し込む、重曹を入れたお湯(熱湯ではない)を便器にしばらく溜めておいて、つまりを少しずつ溶かしていくという方法もあります。

それでも解消されない場合は、やはりトイレトラブルのプロである業者に依頼することで簡単に解決できることがありますので相談されると良いでしょう。費用を安く抑えたいという気持ちは分かりますが、素人が分からないままいろいろ触ることで、悪化してしまうこともあります。最終的には、業者に頼むことも賢明な手段です。

トイレのつまり予防法

トイレのつまりを事前に防ぐ為には、まずトイレは何でも吸い込んでくれるゴミ箱ではないという認識をすることが大切です。トイレに流せるトイレットペーパーや、流せると書いてあるクリーナーやお尻拭きであっても、大量に流したり、分厚い紙類を流してしまっては、つまる原因となってしまいます。どうしても多くなってしまう場合は、何回かに分けて流すようにするか、袋に入れて別に捨てることで、トイレのつまりを事前に回避しましょう。また、極端な節水もつまりの原因になってしまいますので、水流が弱いと感じる程に節水されている方は、程よい量に改善することをお勧めします。間違った節水はトイレのつまりを引き起こすということを覚えておきましょう。

小さなお子さんがいるご家庭の場合は、便器周りにできるだけ小物を置かないようにすることも大切です。形状によっては、引っかかって取れなくなり、後に大掛かりな工事が必要になってしまうこともありますので、トイレのつまりの原因になりそうな物を周りから排除しておくことがポイントです。毎日使う場所ですので、丁寧に大切に使用する気持ちが大切です。また、突然のアクシデントでないつまりの場合、つまる前に予兆がありますので注意しておくことで未然に防ぐこともできます。

節水によるつまりとは

トイレのつまりの原因について、一気にトイレットペーパー等を大量に流した場合や本来流してはいけないものを流してしまった場合以外にも、節水をしすぎることで水量が不足して流れないというケースもあります。トイレタンクにペットボトル等を入れ、水の量を節約するということが流行った時期がありましたが、極端な節水をしてしまうと、水の流れが弱くなり、流しきれなくなって排水管の中で留まり、つまりの原因になってしまいます。節水できてもトイレがつまっては元も子もありませんので、今一度タンク内の水量を確認するようにしましょう。

その他の原因として、築年数の古い建物のトイレの場合は、経年劣化によるつまりが考えられます。長い時間をかけて徐々に汚れ等がこびりつき、排水管内の通り道が少しずつ狭くなることで、何らかのきっかけでつまりが発生してしまいます。頑固な汚れのこびりつきは簡単には取れませんので、専門業者に依頼する必要が出てくる可能性が高くなってしまいます。この場合は、事前に防ぐことは難しいケースですので、何か違和感を感じた時点で業者に相談するか、日頃の高圧洗浄等のメンテナンスが必要となりますので、古いトイレを使用している場合は要注意です。

トイレのつまりの原因

浴室やキッチン、洗面台等の水回りの中で、最も相談が多いとされるトラブルの一つはトイレのつまりです。毎日何度も複数人が使用する場所であり、トラブルを回避することが難しい為、誰でも一度や二度は経験があるかと思います。家庭内だけではなく、オフィスや工場、特に飲食店では不特定多数の人が使用しますので、よりトラブルが起こりやすく、日頃から対処の仕方等を知っておくことが大切になります。いざトイレのつまりが起こってから、どうすれば良いのかと慌てた為に、間違った対処をしてしまうことで状態が悪化、あるいは悪質な業者へ依頼して高い修理費を請求されてしまうことにもなりかねません。

トイレのつまりの原因として考えられる要因は、まずトイレットペーパーや排泄物のつまりが挙げられます。また、トイレ用クリーナーや赤ちゃんのお尻拭き等も要因になりやすく、水に溶けるとされていても、一気に大量に流してしまうとつまりの原因になります。次に、ティッシュペーパー等の、水に溶けないものを流してしまった場合です。または、生理用品や紙おむつ、携帯、お子さんのおもちゃ等、本来は流してはいけないもの、意図的ではなく落ちてしまった為につまってしまうというケースも頻繁に発生しています。

トイレのつまりの場合、ほとんどの方がまずご自身で対処されますが、きちんとした対処をする為にも、トイレがつまる原因をまず知っておくことで、早い対処をすることができます。ここでは、トイレのつまりの原因や対応について説明します。